【ルレアQ&A】中古ドメインの選定方法について

ルレア実践で中古ドメインを購入したいのですが、どのように選べばいいのかよくわかりません。

 

lurea-qa

 

中古ドメインのページランクは、2013年2月4日にグーグルが最後の更新を実施して以来、ずっと更新がありません。

つまり、ページランクは2年以上前のままです。

ということは、よく考えてみてください・・・

ページランク6の中古ドメインが、今でもページランク6の価値があるかどうかはまったく保証がないわけです。

あくまでも2年前はページランク6だっただけであって、ひょっとすると今はページランク1の価値しかないかもしれないのです。
 
 
さらにグーグルはこれからページランクの更新は実施しないと発表していますので、今後ますますページランクの数字は怪しいものになってきます。

したがって中古ドメインを選定する場合は、ページランクよりも他の指標を重視するべき時代に突入しています。

それでは、いったい何を指標に中古ドメインを選定すればいいのでしょうか。

 

domain

 

私の場合は、中古ドメインは中古ドメイン販売屋さんで購入するようにしています。

ツールを使ったりして自分で探してもいいのですが、探した中古ドメインをしっかりと精査する自信がありません。

しっかり精査したつもりでも何らかのペナルティを食らっていたりしたら、その中古ドメインは絶対に順位が上がりません。

もしフォローブログでメインサイトに被リンクを送っていたら、その中古ドメインが原因でメインサイトがすべて圏外にぶっ飛ぶかもしれません。

それを思うと、とても怖くて自分で探した中古ドメインを使う気になれません。
 
 
その意味では、中古ドメイン販売屋さんならばしっかりと精査してあるので安心です。

自分で探すよりは多少高くつきますが、安心して中古ドメインを使用できると思えば安いものです。
 
 
とは言っても、慣れないとなかなかいい中古ドメインを見つけるのは苦労しますよね・・・

そこで、中古ドメイン販売屋さんで中古ドメインを購入する時に、私が重視しているポイントを記載します。

 

 rPR(ラッコページランク)が高い

 ドメインエイジが古い

 BL(バックリンク)とBLD(バックリンクドメイン)が多い

 LQ(低品質リンク率)が少ない

 中国系ドメインは避けたほうが無難

 

最低限このあたりをクリアしていれば大丈夫です。

慣れてきたら他の指標も見たり、ドメイン調査サイトで自分なりに分析ができるようになると思います。
 
 
最近は「中古ドメインはもう効果がない」「中古ドメインはリスクが高い」などという言葉も聞かれますが、依然として中古ドメインは効果があると思っています。

その効果が恒久的なものかどうかはわかりませんが、即効性では新規ドメインをはるかにしのいでいます。

作成するアフィリエイトサイトの種類によって、新規ドメインと中古ドメインを使い分けるようにするといいでしょう。

 

コメントを残す